お花は、思い出スイッチ:spunでは、大切なシーンでもらわれたお花を枯れないように「プリザーブドフラワー加工」させていただきます。

spun(スプン)とは、スワヒリ語で〝つむぐ″の意味。

お花に込められた大切な想いをつむいで
お花そのもののかたち、として残していくのが私たちの使命です。

生花をもらった時、
「枯れるのはもったいない!どうにか残せないだろうか?」
と思った経験はありませんか?

それこそが、「想いをつむぎたい」という気持ちだと
私たちは考えます。

ドライフラワーでもない、押し花でもない、
生花の瑞々しさを残しながら
保存するお花が、プリザーブドフラワーです。

たくさんもらったお花の中のたった1輪を残す。

その一輪のお花を見るだけで
もらった時の情景が、匂いが、感動が、
ぱぁ~っと広がるのです。
ストーリーが浮かび上がるのです!
お花の力はすごい。と感じていただけるはずです。

そして、それがとても身近なものであってほしい、
という想いで、spunを開店いたしました。
みなさまの、思い出スイッチのお役に立てるように
作ったお店です。想いを込めたお花をぜひ
お持ち込みください。

加工料金PRICE

過去の事例WORKS

まずはお問い合わせください