About preserved flowersプリザーブドフラワーについて

トップ > プリザーブドフラワーについて

プリザーブド加工とは?

プリザーブドフラワーは生花を特殊な液で染め上げて、
枯れないように長期保存可能な状態に加工した本物のお花です。
Spunでお預かりしたお花は一旦元の自然な色を脱色し、
元の色に近い着色液で染め上げます。
着色が充分に進んだところで液から引き上げ、自然乾燥いたします。
  • 01

  • 02

  • 03

  • 04

  • 05

  • 06

加工されたお花のアレンジを終えると‥
まるで

枯れない魔法をかけたような仕上がり

ドライフラワーとの違いは?

よくドライフラワーとどう違うのか?とのご質問をよく頂きます。
実はこんなにも違うお花です。

ドライフラワー

生花を乾燥させたお花。
乾燥の過程でお花の水分や色素が
抜けてゆくので
鮮やかな色は残りにくいものの、
お花でアンティークな雰囲気を
楽しむことができます。

プリザーブドフラワー

生花のような美しさが
長期間保たれるように
特殊な液に浸し加工したお花。
お花の立体感や質感を長期間
留めておくことができます。
元の色に近い色で再現が可能です。

プリザーブドフラワーを長持ちさせる方法

プリザーブドフラワーの弱点は直射日光などの強い光と過度な湿気です。
  • ×屋外

  • ×窓際

  • ×湿気の多い場所

長持ちさせるためには上記の場所を避けて飾ってください。
ただし、強い直射日光に晒されていなくても、
光の影響を受けてじわじわとプリザーブドフラワーは退色して白っぽくなっていきます。
飾られている環境により、色の持ち具合は変わりますが、3年程度は美しい状態を楽しめます。
また、色が褪せてしまっても形はそのままである場合が多く、
時間を経たプリザーブドフラワーの姿も味わい深く鑑賞して頂くことができます。
pageTOP